一般財団法人 日本自動車査定協会 東京都支所
Japan Auto Appraisal Institute Tokyo Branch
www.jaai.com
Home > 査定道場 > 黒帯コース

黒帯コース
3. 運転席及び室内
01 査定の考え方
02 車両全体の印象
03 運転席及び室内
04 エンジンルーム内
05 ボディ外板
06 ガラス・灯火及びタイヤ
07 査定車の試走
08 修復歴の考え方
09 前部の修復歴
10 側面の修復歴
11 後部の修復歴
12 不正及び災害車両
査定道場 TOP

車内を居間の一部と考えている方が多いことを頭において、内装の状態をチェックするよう心掛けます。また、装備品等の確認など新型車の新しい知識も要求されるので、新型車が発表されたらカタログ等資料を収集することです。


3-1 車検証、自賠責証の転記

査定において、被査定車の車検証、自賠責証を確認しないで査定することは、大変なリスクを負うことになります。車検証には、その車の情報がたくさん収載されているので、細部にわたって確認するクセを身に付けてください。

また、査定時には必ず本証を確認し、初度登録年、車検有効期限等の転記ミスをしないよう、あせらずに転記してください。また、一般的に車検満了月は初度登録月と同じになってることが多く、転記後に再度確認するようにしてください。


自動車検査証、自賠責保険証の転記


3-2 走行キロの転記

ODOメーターの数値になっているかを確認し、走行キロ数を間違いなく転記してください。また、走行キロはたいへん重要な項目ですので再度確認してください。

メーターの巻戻しが社会問題になっています。特に、アナログ式の場合は数値が不揃いであったり、色変わりしていることがあります。



【 記入例 】
メーターは、6桁(十万キロ)表示が多いようです。走行キロ数が十万キロ未満のときは6桁目に「0 」を記入するようしてください。

メータ指針 22,791キロ   
0 2 2 7 9 1


3-3 整備手帳等の確認

整備手帳の内容を確認することによって、被査定車の管理、整備状況を知ることができます。

また、取り扱い説明書が添付されていますので、被査定車を次に購入するユーザーが使用するうえで、重要な書類になりますので確認してください。


整備手帳、取り扱い説明書の確認

【 参考 】
最終(直近の)点検時の走行キロ数を確認することで、被査定車の走行キロの信憑性を得ることができます。

整備記録簿を確認


3-4 装備品の確認

室内で確認する装備品と室外で確認する装備品があります。

(1) 室内で確認できる装備品
a) オーディオ関係 b) サンルーフ
カーナビゲーション c) エアバック
テレビ(地デジ) d) パワーシート&シートの材質
DVDビデオ など e) 電動カーテン など

オーディオ関係、パワーウィンド、エアバック等


(2) 室内では確認できない装備品
a) ABS(インジケータではミスのもと。必ずユニットを確認のこと)
b) ターボ(必ずタービンを確認のこと)
c) 工具、ジャッキ など

ABS等


3-5 内装の状態

内装の重要チェックポイントは主にシートになります。ミニバンが主流の昨今、査定する車もミニバンタイプが多くなっています。セカンド・サードシートに乗車するケースも多くなり、室内が汚れていることが多いようです。

気を配らなければ確認できない部分ですので、億劫がらずに必ずサードシート等も点検してください。

タバコのこげ穴


Advice

車内においての点検・確認は、一見、単純なようですが、複雑な商品知識を要求される項目です。日進月歩、技術革新が目覚しい車にあって、査定する立場の方は新しい知識を身につけておく必要があります。

また、カーナビゲーションやオーディオ系は、その機能を知っていないと、誤った判断をしかねません。日頃から商品知識を身につけることが肝要かと思います。


3/12




査定業務 査定士検定 査定研修会 刊行物 概要 お問合せ ホーム

事故減価額証明 修復歴車定義 車両状態証明事業(V-CON) 会員店案内


Japan Auto Appraisal Institute Tokyo Branch