一般財団法人 日本自動車査定協会 東京都支所
Japan Auto Appraisal Institute Tokyo Branch
www.jaai.com
Home > 業務案内 > 査定協会で行う査定

業務案内
クルマの査定 こんなとき、査定協会をご利用ください
査定協会で行う査定
査定士技能検定
査定研修会
輸出中古車検査
商品中古車証明
主な刊行物
当支所概要
自動車関係団体
問い合わせ
ホーム Home

査定協会は、経済産業省、国土交通省の許可のもとに設立された第三者機関であり、両省の指導、監督をうけて公正な立場から、あらゆる査定依頼の目的に応じたクルマの査定を行っております。




【 査定業務のお知らせ 】
 当面の間、出張査定のみでの対応とさせていただいております。



車両状態確認証明

査定協会東京都支所では、中古車の状態を検査し、特に修復歴の有無を的確に判断して確認証明します。

こんなとき
仕入れた中古車の状態を確認してもらいたい チラシ
購入した中古車を事故車と言われた

証明書


解約車の評価

割賦販売(クレジット販売)、または、リースの中途解約に係わるクルマの評価は、査定協会が中立・公正な第三者機関の立場で価格を評価します。


下取車(買取車)の評価

自動車販売店・買取店の依頼により、乗用車・商用車・貨物車・大型車(ダンプ、特装車)・輸入車の下取車(買取車)の価格を評価します。


期末在庫車の評価

税法上、棚卸資産の評価方法で低価法を採用している企業は、期末決算時に仕入原価より期末時価が下がれば評価換えにより損金計上ができます。期末在庫車の評価換えの証明に「査定証」がお役に立ちます。


クルマの鑑定評価

査定協会は、裁判所から係争時におけるクルマの鑑定人として選任を受けています。価格や車両状態に関するトラブルに対し、公正な見解が必要なとき鑑定評価します。

こんなとき
クルマの係争時においてその鑑定が必要なとき
クルマの事故による係争が生じたとき


クルマの推定評価(推定流通価格証明)

車両の存否にかかわらず、現在、もしくは現在以外の時点における推定流通価格を証明します。

こんなとき
現車を確認できないが現在の価格を知りたい
事故直前の価格を知りたい
盗難直前の価格を知りたい


事故によるクルマの価格落ち(評価損)

クルマをぶつけられ修理した後でも、事故の程度によって価格が下がることがあります。その事故による価格落ち分を事故減価額として証明します。

こんなとき
事故によって下取り価格が変わるって本当?
事故によりどの位価格が下がったのか知りたい
クルマをぶつけられ修理費はもらったが納得できない

証明書

※証明書は、第三者機関として公正な立場で証明するものです。
※査定協会は、示談交渉等には関与いたしません。



クルマの資産評価

クルマの財産的価値の評価は、査定協会が発行する「査定証」が時価を証明します。

こんなとき
企業の合併、解散、贈与、交換するとき
固定資産である社用車の価値
債務の代物弁済に充てようとするとき


相続車両の評価

相続によるクルマの財産的価値の評価は、査定協会の発行する「査定証」が時価を証明します。

こんなとき
所有者逝去などによる親族への財産分与(遺産相続)
税務上の評価


クルマを売りたい

クルマを売る(譲る)とき、迷ってしまうのが価格です。クルマは、年式、グレード、走行キロ、使用状況、オプション装備品等により価格は上下します。

こんなとき
個人間売買の目安価格が知りたい
雑誌で自分のクルマの価格情報が見当たらない
ドアやバンパーに傷や凹みがあるんだけれど


クルマを買いたい

中古車を買いたい(譲り受けたい)とき、気になるのがクルマの状態です。そのクルマの状態を適確に査定します。

こんなとき
知り合いからクルマを買うので一般的な価格を知りたい
雑誌に買いたいクルマの価格情報が見当たらない
事故ってるかどうか知りたい

※お願い
クルマを査定する場合は、所有者の承諾が必要となります。


査定の実施方法

査定のご依頼は、電話で「査定場所・査定日時」等について、査定担当者と打ち合わせてください。
電話番号:03-5418-7001
査定時に用意するもの
査定するクルマ(エンジン始動の為、キーも必要)、自動車検査証、自賠責保険証、整備手帳(保証書)、取扱い説明書等の用意が必要になります。
※事故減価額証明の場合には、修理見積書の写し(コピー)等が必要です。

クルマを査定する時間は
通常は30分位です。自動車検査証等転記、内外装の状態、機能各部位及び装備品の点検等を行います。
但し、事故歴、改造等のある場合はさらに査定時間が長くなることがあります。

査定の結果は
クルマの価格評価の場合には「査定証」を発行し、事故減価額等の場合には「証明書」を発行いたします。

査定証

◆査定協会は、経済産業省、国土交通省の許可のもとに設立された中立公正な中古車の評価を行う第三者機関のため、商取引としての売買はいたしません。従って、評価額も公平な第三者としての標準的な価格(目安価格)になります。


査定手数料

査定料は、車種やナンバープレートの分類番号により定められています。

中型標板の自動車
種 類  車 種 分類
番号
料 金(税込)
標準車 輸入車 特装車
普通車  普通自動車
 乗合自動車(乗車定員29人以下)
 普通乗用車
1
2
3
9,900円 12,100円 12,100円
小型車
軽自動車
 小型貨物車・軽貨物車
 小型乗用車・軽乗用車
4 ・ 6
5 ・ 7
7,150円 9,350円 9,350円
特種車  特種用途車
( 軽自動車 )
8 12,100円
( 9,350円 )


大型標板の自動車
種 類  車 種 分類
番号
料 金(税込)
標準車 輸入車 特装車
普通車  普通貨物車(最大積載量5t以上)
 普通貨物車(車両総重量8t以上)
 乗合自動車(乗車定員30人以上)
1
1
2
15,400円 15,400円 19,800円
特種車  特種用途車 8 19,800円


出張費用

出張査定の場合は、出張費及び諸費用(駐車料金、高速料金等)がプラスされます。
※出張費等の詳細は、お尋ねください。また、対応できない地域や時間帯等もありますので、ご承知おきください。

【参考】 東京都内の出張費 (査定士1名)
 査定業務実施店(会員店) 2,200円(税込)
 一般 4,400円(税込)

トップ TOP


査定業務 査定士検定 査定研修会 刊行物 概要 お問合せ ホーム

事故減価額証明 修復歴車定義 車両状態証明事業(V-CON) 会員店案内


Japan Auto Appraisal Institute Tokyo Branch